ページ

2011年7月26日火曜日

スタイリストの提案する服



最近、ファッションレッスンを受けてくださった方から、
「簡単に手に入り、値段も手ごろで、簡単におしゃれに見えるブランドはどこですか?」と聞かれました。
これは、誰でも知りたいことですよね。

最近、私が注目しているのは、スタイリストさんたちが提案する服です。
実店舗よりも、カタログのほうが多いようですが、なかなかこれが、あなどれません。

では、デザイナーとスタイリスト、どこが違うのでしょうか。
スタイリストに求められる能力は、編集する力です。
デザイナーは、自分のデザインした服のことをクリエイション、つまり創造物と呼んだりしますが、
スタイリストは、自分がデザインしたものを、こうは呼ばないでしょう。
また、自分のデザインがオリジナルであるとも言わないと思います。
デザイナーは、たとえばデザインを始めるとき、美術作品や映画などにイメージの原泉を探すと思いますが、スタイリストがデザインするとき、アイデアソースは、数多く見た実物の服になると思います。
デザイナーたちは、さほど他人のデザインした服を吟味するということがありませんから、
この点に関して、スタイリストのほうがずっと知識を持っているのです。

そして、自分の中に蓄積された膨大な服のアイデアを、今度は着る人にあわせて編集しなおします。
これがスタイリストのデザインの仕方です。
デザイナーとは、方向性が全く違います。
ですから、スタイリストのデザインする服というのは、適度なトレンド感、そして着る人の気持ちや立場が十分に考慮され、なおかつ、自分のセンスで編集はするものの、決してデザインがでしゃばるものではない、ということになります。
こうしてデザインされた服が、適度におしゃれで、まさに、ああ、こういうものがほしかったんだというものになるのは、当たり前の話です。

ソニア・パークさんなどは、実店舗で販売していますが、
その他の方々は通販が多いようです。
(すべての通販をチェックしたわけではないので、あまり詳しいことはわかりません)。

どこに行けばおしゃれな服を買えるかわからないとき、スタイリストがデザインした服を試してある価値は大いにあると思います。

☆写真は、dinos系のカタログ、「Cara」11秋冬号より、スタイリストの戸野塚かおるさんデザインのもの。シャツとスカートでのセットアップという、ほかではあまり見ない服の組み合わせ。
こういった、ありそうでなかったけれども、あったらよさそうという提案も、スタイリストならでは。