ページ

2017年3月14日火曜日

楽の先にあるものは

ファッションにおいて、至るところに楽への道が開けてきました。
どこへ行くにもスニーカーとジーンズ、
ウエストにはゴム、
とりあえずこれだけ持っていればいいと勝手に思われているブランドがわかるバッグ。
三種の神器よろしく、ずかずかと、大声で、一目もはばからず、
そんな姿がまかり通っています。

その延長でしょうか。
多くの人が知りたいのは、
「何にでも合う靴」や「何でも合うバッグ」。
とにかく楽したい、考えたくない、努力したくないという
声なき声、しかも声なき大合唱が、
至るところから聞こえてきます。

楽なウエスト、
何でも合う靴、
毎日考えないその態度、
それを誰がおしゃれと呼べるのでしょうか?
断言しますが、
そんなものをおしゃれと呼ぶのなら、
それはフェイクです。

別にすべての人がおしゃれである必要はありません。
衣服の第一義的な目的は暑さ寒さをしのぐこと。
それさえできていれば、
おしゃれなんぞしなくてもよろしい。

しかし、楽ちん至上主義者はおしゃれなのかと言ったら、
それは単なる怠惰な人ということで、
おしゃれではありません。

何度か書きましたが、
おしゃれというのは努力の結果。
眠っていないで、意識的に生きているということ。
楽だからとか、
何でも合わせたいとか、
それは全く逆方向。
一流のデザイナーたちが頑張っているのは美に近付く努力であり、
楽するためにデザインしているわけではありません。
(知りたかったら、好きなハイブランドのものを何か1枚試着してみてください。わかりますから)

実際に見てきたわけでもないのに、
それはないと言い張ったり、
自分で考えたことではないのに、どこからか剽窃して使ったり、
おしゃれやファッションは、それらの行為と紙一重です。
見分けられない人には見分けられないかもしれません。
でも見る人が見ればわかるのです。
そのスタイリングの写真1枚から、
その人が本当に服というものを理解しているかどうか、
そんなことはいとも簡単にばれてしまいます。

しかしそうであるならば、
お金はないけれども、努力している皆さんは、
安心してもよいのです。
楽ちん至上主義者は決してあなたを追い抜くことができません。

時間がそれを証明します。
楽の先にあるものと、
努力した先にあるもの、
手にするものは全く違うということを。
今にわかるでしょう。
隠しようもなく、
誰の目にも明らかに、
握っているものの、その輝きの違いが、
そして、どちらがより価値があるかということが。