ページ

2021年7月26日月曜日

おしゃれ上達方法

 多くの人が、
「おしゃれ上手になるにはいいものを見て、触れなさい」
ということを言っています。

私も同じことを言います。
しかし、これは土台の部分です。
この次の段階があります。

いいものを見て触れます。
そしてまずは感覚器官にいものを記憶させます。
記憶するのは、服の場合、主には色とバランスです。
そうすることによって、自分の中に基準ができます。

次にやることは、そのいいものを自分との差をなくしていく行為です。

例を挙げます。
ダンサーはこれを鏡の中の自分を見ながら調整します。
画家は、描いている作品を途中で客観的な視線でチェックして修正します。
作家は、書いたものを少し寝かせて、厳しい視線で見直してから書き直します。
歌手は、録音したものを聞き直して、新しく歌い直します。

どれも、自分の作品を客観的な視線で見直すことによって修正をかけます。
おしゃれもこれと同じです。

まずは、感覚器官に記憶させ、基準を作り、
次には自分自身を客観的な視線で見て、そして修正します。
服であったら、鏡の中の自分を客観的に見て、自分が既に持っているいいと思える基準に近づけるまで修正を加えていきます。

服なので、書き直したり、録音し直したりはできません。
ですから、試着を繰り返し、納得のいく色とバランスに近づけます。

鏡は家にあるものだけではありません。
街でふと目に入る自分の姿が映ったガラスも同じ役目を果たします。
子供でないのなら、チェックするのも、修正するのも自分です。
大人になればなるほど、大人は教えてくれません。

基準を高く持つこと、
そして修正を加えることで、おしゃれは上達していきます。
それはダンスや絵画、音楽、文章の上達方法と同じです。

大人になればなるほど、
鏡から遠ざかる人がふえていきます。
しかし、おしゃれな人とは鏡と仲がいい人にほかなりません。

気に入らなくても、鏡を割ってはいけません。
それは仲良くなるものです。
それはあなたのおしゃれを助けてくれる仲間です。

鏡と仲良くして、
そして鏡の中の自分と、
もう既に記憶の中にある理想の自分を近づけていきましょう。

問いかければ問いかけるほど、鏡は何が正解かを教えてくれるでしょう。





2021年7月22日木曜日

ボディコンシャス、ボディポジティブ

 1980年代、アズディン・アライアの登場によって多くの人に知れ渡るようになったボディ・コンシャス。
それは、伸縮性のある素材が身体にぴったりフィットし、
あたかも第二の皮膚のように身体を覆い、
ボディラインをはっきり見せるデザインでした。

(日本ではこれを「ボディコン」と呼びました)

実際に流行したのは、アライアほどのテクニックをもったデザイナーが作った
高度な技術を駆使して、フィットしつつ構築的に見せるスタイルのものではなく、
小さ目の服の中にぎゅっと身体を押し込んで、どこかしらフィットしているような、
コンシャス、つまり意識的というよりは、ボディを強調するような服でした。

あれから40年近くになろうかという2020年代、
同じように身体を意識する、しかし今回はボディポジティブと呼ばれる、
身体を肯定的にとらえるスタイルが復活しました。

1980年代との相違点はいくつかあります。

まず一つが、どのような身体でもポジティブにとらえる、ということです。
1980年代のそれは、スーパーモデルに代表される理想の体型というものがあり、
それに寄せていくことがよしとされましたが、今回のものは違います。
モデル体型だけが理想ではありません。
それぞれがそれぞれの身体を肯定的にとらえ、
それをさらすことを躊躇しない、というスタイルです。
背が高いくても低くても、やせてても太っていても、
それぞれにそれぞれのボディポジティブがあります。

もう一つの違いは、必ずしも全身にぴったりフィットしたものを着る、
という形で表現されない、ということです。
どういうことかというと、ボディポジティブは、
例えばボディスーツのような形をとることもあれば、
お腹を出したり、腕や背中、脚を出したりと、
部分的に露出させるという方法をとることもあるということ。
とにかくその人の身体を感じさせる部分があるのなら、
そこに衣服があってもなくてもよいのです。
表現方法は多岐にわたるので、好きな方法を選べます。

さて、このボディポジティブの流れは、ますます加速するだろうと予測されます。
身体そのものの「生(なま)」の感じを表現すればするほど、
新しい時代の空気を人はそこに読み取るでしょう。

表現方法としては、
ミニスカート、ショートパンツ、ベアトップ、オフショルダー、
クロップトトップス、ブラトップのように身体の一部を見せる方法、
そしてもう一つ、
ボディスーツやぴったりしたニットのセーターやパンツなど、
伸縮性のある素材で身体にぴったりフィットさせる方法です。

身体の重要性とは、すなわち「生き生きとした若々しさ」の強調です。
必ずしも若くある必要はありませんが、
閉じ込められた人工的な雰囲気よりも、
自然を感じさせる生っぽさのほうが重要になります。

それぞれの身体がそれぞれ肯定的に自分の身体をとらえるボディポジティブ。
どんな方法でそれができるか、それぞれ考えてみるといいでしょう。

自分の身体の好きなところ、どこでもいいのでさらしてみることを選択してみる。
他人の評価ではなく、自分が愛でている自分だけのボディを、
自分自身で見つめてみる。
そうすれば、
今まで忘れ去れてきたその部分が、はっとするほど美しく変容していくでしょう。



 

2021年7月20日火曜日

たくさん見ていくとわかること

 ときどき、自分がどういうものが欲しいかよくわからない、
と言う人がいます。

ではこういう方々は、なんでもいいのかといったら、
そういうわけではなく、逆にあれやこれや、着たくないとおっしゃいます。

自分はどういうものがいいかわからないけれども、
嫌なものはたくさんある。
こういう方が案外多いです。

こういう方々が何を欲しているかは、その人にしかわかりません。
宮廷料理人が好き嫌いの激しい王様に、
次々に最高の一皿を出しても拒絶されるように、
そういう方々に、あれやこれやとお勧めしたところで、
何を本当にお望みなのかは、こちらはわかりません。

ではどうしましょうか。

わからないのなら探すしかありません。
しかも膨大な資料の中から探すのです。

幸いなことに、今これを読んでいる方ならば、
インターネットにアクセスすることができます。
インスタグラムでも、ピンタレストでも、タンブラーでも、
どこからでも画像を取り出せます。

何が自分の望みかわからない方は、例えば、
「2021秋冬 コート」や「2021春夏 ワンピース」などと検索ワードを入れて、
上がってきた画像を片っ端から見ていけばいいでしょう。

たくさん見ていくと、その中に1枚ぐらいは、
自分の心が動くものが出てきます。
出てこないのなら、自分の心に何か引っかかるまで、見続けましょう。

探し物は、探さないと見つかりません。
探し物は、待っていても、あちらからはやってきません。

自分の本当に欲しいものをよく知っている人は、
探索して、それを発見した人たちです。

またどこかで、何が欲しいかわからない、というぼやき声が聞こえます。
実際に見に行って、多くのものと出合った人だけが、
探し物を見つけることができるのです。

秘訣はたったそれだけ。
やったかやらなかったか、それだけの違いです。

そうしてこれもまた、ほかの多くのものと同じように、
やるかやらないかは、自分で選べるのです。

自分が本当に欲しいものを知りたかったら、探索するという選択をすればいいでしょう。


2021年7月8日木曜日

大人こそ、セカンドハンドを取り入れて

 政府の家計調査によると、この20年間で被服費は約半分になっています。
また、服1枚の単価も2000年の約6000円から2019年の3202円とこれも半額程度になっています。
こちら

西洋の衣服というものは、大人になればなるほどクオリティの高いものを着るように設計されています。

2000年から2020年にかけて、誰でも大人になったでしょう。
そして中には、いい年の大人になった方も多いと思います。

しかし、20年前よりも半分程度になった被服費では、大人にふさわしい服は何かしら工夫を凝らさないと手に入れることはできません。

その工夫の一つはセカンドハンド(中古品)を取り入れることです。

セカンドハンド、その名のとおり、誰かの手に一度わたった中古品は現在、市場にあふれています。

ロードサイドのリサイクルショップ、駅ビルの中の古着屋、そしてメルカリを始めとするフリマアプリの利用により、以前にもまして中古品は身近なものになりました。

それだけではありません。セカンドハンドをワードローブに取り入れることは、世界のファッションの潮流にもなっています。

サステナビリティを意識した人たちは、当たり前のようにセカンドハンドを取り入れたルックを披露しています。
インスタグラムを見てみれば、「old celine」や「old prada」が散見され、それはむしろ誇れることになっています。

別にハイブランドのセカンドハンドを買う必要はありません。
けれども、もし好きなブランドがあるならば、メルカリを探してみてください。
セカンドハンドのものが安い値段で出品されているのがわかるでしょう。
また、数は少ないですが、街のリサイクルショップにも有名なブランドの中古品は売られています。

ただいいものを探しているのは皆同じです。
クオリティが高く、値段が安いものはすぐに売れてしまいます。
ですから、何か探しているのなら、定期的な検索が必要になりますし、
常に目星をつけておかなければなりません。

ある程度の年齢になったら、服は将来の財産になります。
年齢が上がれば上がるほど、ワードローブの新陳代謝もゆるやかなものになり、
今あるものを着ることになる人がほとんどです。

自分の好きなブランドのセカンドハンドを少しずつ買い足していけば、
立派なワードローブができ上がります。
それは将来、必ずや役に立ちます。

将来の財産となるようなセカンドハンドをぜひ探してみてください。
好きなブランドがあれば大丈夫です。
それについていけばよい。

ついていく相手を間違えると、簡単に迷子になります。
そこを間違えないようにして、将来にわたって着られる服を集めていきましょう。