ページ

2019年10月23日水曜日

防災のためのウエア

ここ数年、日本では、台風や大雨による水の被害が多く発生するようになりました。
広い地域で避難勧告が出され、実際に避難した方、準備はしたけれども実際に避難はしなかった方など、さまざまでしょう。
では、そのときにどんな服装が適しているのでしょうか。

これまでは防災というと、主に地震に対する備えとして、
がれきの上を歩いても平気なための長ぐつと、
頭を落下物から守るための帽子、
火災や寒さから身を守るめの上着などが考慮されていたのではないかと思います。
けれども、台風や洪水のための避難となると、
長靴と帽子だけでは足りません。

最も重要なポイントは、雨や水に濡れても平気であるということです。
濡れると乾きにくく、体温を奪うような衣服は防災には適していません。

売られている衣服の中で、こういった濡れることに対して適しているのは、
アウトドアウエアです。
防水、防湿、速乾など、アウトドアウエアのジャケット、コート、シャツ、パンツには、
これらの機能を兼ね備えているウエアがたくさんあります。
それだけではなく、帽子やヘッドライトなど、
小物も充実しているのがアウトドアウエアです。

同様に、スポーツウエアの中にも、アウトドアウエアほどではありませんが、
こういった防水、防湿、速乾機能を持ったウエアがあります。
そういったものは必ず表示されているので、
探していけば、スポーツウエアの中にも適したものを見つけられるでしょう。

そして最後に、同様の機能つきの衣服はワークウエアとして売られているものもあります。
安全のためのワークウエアもまた、防災に適した衣服と言えるでしょう。

これらの中から自分に適したものを選んで、
ジャケット、パンツ、帽子というように少しずつ買い足していくといいでしょう。
その際に考えるといいのは、
防災のためだけのウエアではなく、普段着としても着用できるものを選ぶということです。

アウトドアウエア、スポーツウエア、ワークウエアとも、
最近のものはデザイン性が非常に向上しています。
中には一般のアパレル製品よりもデザイン的に劣っているどころか、
デザイン的に上回っているものありますので、
そういったものを選んで、
例えば梅雨の時期、大雨の際の外出用に普段着として使うといいでしょう。
防災用としてしまい込んでしまうよりも、
日常的に使っているほうが便利ですし、役に立ちます。

そしてウエアを買いそろえるついでに、
LEDのランタンや、簡易な発電機なども同時にこれらのストアで買いそろえましょう。
アウトドアのショップには、キャンプ用品がたくさん売られているわけですから、
ここから好みのものを選んでいけば、防災用具としても使えます。

地球温暖化の影響で年々、台風は大型化すると言われています。
今後も日本に台風が上陸し続けるでしょうから、
事前の対策が必要です。

大雨の中ジーンズとTシャツで避難所へ向かうなどということがないように、
今から少しずつ、避難にも使える防災としてのウエアをそろえていきましょう。

note始めました。こちらからどうぞ。

☆賢くお金を使って、無駄な買い物をなくすための方法論、
新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』アマゾンさんのリンク先はこちら

※メールにての個人的なご質問、ご相談は受け付けておりません。