ページ

2018年8月12日日曜日

ポリエステル繊維はなぜ暑いのか

多くの人が、ポリエステルを着ると暑いかどうか知りたいようです。
そこで、化学専攻の人に聞いてみました。
答えは以下のとおりです。

ポリエステル繊維がなぜ暑いのか
ポリエステル繊維は石油由来の原料から作られ、断面がきれいな円形 ポリエステル糸から作られ ています。
石油は水とは混ざりにくいことからわかるように、ポリエステルの原料の多くは水とは混ざりにくい特性を持ち、水と混ざりやすい原料も使われていますが水と混ざりやすい部分はポリエステルを合成するときに反応に使ってしまうので、結局、水とは仲が悪い構造になっています。
このような水とは仲が悪い糸を、きれいな丸い円がきっちりくっつくように織って布にしていくので、空気が通り隙間がなくなり通気性が悪くなります。
水と仲が悪く、かつ空気が通り抜けないので、汗や熱気が体の表面と衣類の間に留まってしまうため、ポリエステル繊維で作られた洋服は暑い、という結果になります。
機能性繊維とは、これらの欠点を企業が改善し、独自開発した繊維となります。
それらは特別なポリエステル繊維であり、通気性、透湿性とも改善されていますが、
特にそのような表記のないポリエステル繊維の場合は、そのような特性には劣るため、
暑いという結論になります。

以上です。
参考にしてください。

なお、化学繊維の詳しい説明、取扱については、
日本化学繊維協会のHPを参考にしてください。
 https://www.jcfa.gr.jp/about_kasen/knowledge/ebook/index.html
「化学せんい」という冊子をダウンロードできます。


☆賢くお金を使って、無駄な買い物をなくすための方法論、
新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』アマゾンさんのリンク先はこちら
☆ワードローブの作り方初級編、
『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら

2冊あわせてどうぞ!

2018年8月2日木曜日

2018年9月1日 ファッションレッスン初級募集開始

ファッションの基礎を習って、

効率的なワードローブ構築方法を習得し、

着るものに悩まない毎日を手に入れよう!

 

ファッションレッスン初級は、
『わたし史上最高のおしゃれになる!』にあるメソッドについてのものを
グループレッスン用に再編集したものです。
でき上がったマップと、ワードローブ分類表について私がチェック、アドバイスします。

ワードローブ構築がわからない方、
被服費を減らしたい方、
おしゃれに見える方法を知りたい方、
服の枚数を減らしたい方、
「服はたくさんある、だけれども、着るものがない」方など、
ごく普通の人のための講座内容ですので、
お気軽にご参加くださいませ。


※ファッションレッスン中級を受けた方たちに聞いた
初級を受けた後の変化です(8月4日)
・全体の枚数が減った(40~60枚くらい)
・着ていない服がなくなった
・買うものが決まっているのでやたらと服を買わなくなった
・「どこで服を買うのですか?」と聞かれる
・被服費が可処分所得の1割以下になっていた
等がありました。

日時:2018年9月1日(土)
場所:神奈川県藤沢市、小田急江ノ島線長後駅付近
時間:11:30~16:30 
定員:8名
対象:どなたでも
参加費用:2万円(当日現金払い) 
主催 小林
注意事項:主要交通機関が止まるような天候等の場合、中止にいたします。
※当日、ご自分のワードローブの分類表を作ります。そのためご自分のもう既に持っていて、これからも着る予定のアイテムを撮影した写真が必要となります。

お申し込みは
fateshowthyforce@gmail.com
まで、
メールのタイトル「9月1日初級」とし、
・お名前(本名)
・年齢(20歳代、30歳代、40歳代、50歳代など)
・ファッション誌で買うとしたら何かその雑誌名(ない場合は結構です) 
をご記入の上、お申し込みください。

定員に達しましたら締め切ります。

2018年7月28日土曜日

おしゃれの仕上げには何を?

例えば、評判高いおいしいイタリアンレストランの、
ごくシンプルなアサリのパスタには、
小さく渦を巻くパスタの丘のてっぺんに刻んだイタリアンパセリがトッピングされています。
もしこの刻んだイタリアンパセリがなかったら、
おいしいけれども、決め手を欠いた、特に印象のない一皿になっていたでしょう。

また例えば、これもまた、1度食べたら忘れられないような、
パリの有名なパティシエのもとで修業したパティシエ―ルが作るガトーショコラも、
ほんの少し振りかけられた黄緑色のピスタチオのかけら、
もしくはフリーズドライの真っ赤なラズベリーの粒がなかったら、
それは平凡な1日のための、凡庸なおやつにすぎないでしょう。

では、おしゃれの仕上げには何を振りかけたらいいでしょうか?
忘れられないぐらいに引きつけられるような、
そして、どうしたらそうなれるかどうしても知りたくなるような、
そんなルックにするためには、何が必要でしょうか?

今これを読んでいる皆さんがご存知かどうかはわかりませんが、
私は個人向けに、ワードローブ構築の仕方を教えるファッションレッスンというものを長年、実施してきました(今は個人向けにはやっていません)。
教えて何年目かすると、奇妙なことが起き始めました。
いらっしゃる方の半分ぐらいでしょうか。
なぜか私のところへ来て、私ではないどこかほかのファッション関連でアドバイスされたことや、
もしくは誰かからお勧めされたことについての不平不満をおっしゃるのです。
カラー診断でこの色が似合うと言われたけれども着たくない。
骨格診断でこの服がいいと言われたけれども嫌だ。
あなたにはこのブランドがいいと言われたけれども嫌いだ。
これがおしゃれだと言われて買ったけれども、
誰もおしゃれと言ってくれないし好きではない、などなど。
基本的に私のスタンスは「着たいものを着ればいい」なので、
これらすべての「どうしたらいいか?」という問いに対する
答えは「着たくないなら着る必要はない。着たいものを着ればいい」だけでした。

それはきっとお似合いの色と形なのだと思います。
そして、誰かはそれを今はやりのおしゃれであると宣言したのだと思います。

けれども、服というものは着て初めて成立するのです。
その人と、その服と、一緒になって一つのルックを作り上げます。
そのときに、その人が嫌だ、嫌いだ、本当は着たくないと言い、
そればかりではなく、その気分のまま着たのでは、
それではおしゃれに見えないのです。
あなたが鏡にうつる自分を見て、ポジティブな感情を抱くことができず、
ネガティブな感情を持つのなら、
その嫌だという気持ちは、
あたかも振りかけたものすべてをまずいものに変える地獄の料理の調味料のように、
すべてを台無しにしてくれるのです。

気に入らないのに着ている、
嫌だと思いながら着ている、
納得がいかないのに着ている、
そのときに、その気持ちは最後の仕上げとなって、
あなたのその服の上に振りかかります。
あなたはその嫌な気持ちの見えないベールをまといます。
結果、そのルックはよくて平凡なもの、
悪くすれば、何かしら「嫌な」ものに見えてしまいます。
なぜならあなたがそれを見る観察者へと伝えたのは、
その色が似合うであるとか、形が合うであるとかいうことではなく、
気に入らない、
嫌だという気持ちだからです。
気は、物よりも複雑で多彩な印象を強く人に伝えます。
あなたのその嫌だという気持ちは、
何よりも強く観察者へと訴えます。

好き、楽しい、嬉しいという気持ちは、
おしゃれの仕上げの最高のトッピングです。
全体が引き締まります。
それ以外の部分が引き立ちます。
もしその好き、楽しい、嬉しいという気持ちがなかったのなら、
それは味気ないもの、つまり特別おしゃれなものには見えなくなってしまうでしょう。

見えないからといって、
気持ちをあなどらないように。
それはそこにあります。
そして、それは伝わります。
あなたにも、
そして他人へも。
強く、ずっと、残っていきます。


☆賢くお金を使って、無駄な買い物をなくすための方法論、
新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』アマゾンさんのリンク先はこちら
☆ワードローブの作り方初級編、
『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら

2冊あわせてどうぞ!


2018年7月18日水曜日

猛暑対策とおしゃれ2018

前回、猛暑対策について書いたのは2014年でした。
2018年の今年、猛暑はさらに悪化。
7月半ばから最高気温が35度以上という、今まで体験したことのない日々が続いています。
今まで体験したことがないのですから、私たちも考え方を改めなければなりません。
猛暑対策とおしゃれ2018年バージョンとして、
前回書いたことのほかにいくつか付け足したいと思います。

猛暑の夏は健康第一に考えましょう。
おしゃれは二の次です。健康あってのおしゃれです。
病気中や入院生活でのおしゃれは限られています。
まずは暑さで具合が悪くなるのを防ぎましょう。
また、そのためにちょっとぐらい変な格好をしていたり、
誰かから何か言われても気にしないようにしましょう。
なぜなら、その何か言ったその人は、
あなたが具合が悪くなって倒れたとしても、決して責任をとってはくれないからです。

次に、これも再三書いていることですが、
猛暑をしのぐためにハイテク素材を使用した衣料を活用しましょう。
アウトドアやスポーツウエアのショップには冷感、透湿、速乾といった機能のあるハイテク素材をしたアイテムがたくさん売られています。
アウトドアやスポーツウエアのデザイン性は年々高まっています。
また、モードの世界でもストリートウエアの台頭とともに、
アウトドアやスポーツウエアのテイストをそのまま取り入れるのはごく当たり前です。
アウトドアやスポーツウエアを扱うショップをのぞいてみて、
必要なアイテムを手に入れるようにするといいでしょう。

これだけ暑いと、参考になるのはやはり暑い国の装いです。
インドやタイ、インドネシアやベトナム、アフリカなど、
自分の好みのエリアを選んで、何か取り入れられないか考えてみるのもいいでしょう。
取り入れられる要素としてはアクセサリー、ジュエリーなどの小物、
または使われている素材があります。

素材について、
多くの人がポリエステルは暑いか、レーヨンは暑いかといったことを知りたがっているようです。
ハイテク素材ではない、ごく一般の石油由来の繊維を夏に着たら暑いと考えていいでしょう。
真冬に着用するフリースはポリエステルが主な原材料です。
そのことからも、ポリエステル類は基本的には暑いです。
ただし、機能性のついたハイテク素材もポリエステルを主な原材料としていますので、
ポリエステル繊維すべてが暑いというわけではありません。
買う際にそのポリエステルがどのような素材なのか、チェックするといいでしょう。
一方、レーヨンの原材料はパルプです。つまり、紙と一緒です。
紙ですから暑くはありませんが、水に弱く、レーヨン100パーセントのものは家庭での洗濯ができないものが多いので注意が必要です。
洗ってみればわかりますが、かなり縮みます。
ちなみに、ポリウレタン素材は紫外線、日光、熱、水分に弱いです。
ポリウレタンが多く使われているバッグなど、猛暑の時期に持つことにより、
劣化のスピードは進むと考えられますので、注意してください。
(ポリウレタンが劣化するとべたついたり、表面がはがれたりします)。

暑い国々で着られている衣装を見ればわかるように、
真夏に適しているのはコットン、麻、シルクなどの素材です。
真夏のワードローブはこれら自然素材のものに、ハイテク素材を組み合わせて構成するといいでしょう。
ハイテク素材で作られたアイテムは、少しですが通販でも売られています。

最後に、洋服のオリジンである欧米において、暑いときにどのようなおしゃれをしているかです。
それは「真夏の重装備」です。
気温が高いため、衣服を重ねて着ることは不可能です。
ですから、重ねるのは服ではなくジュエリーやアクセサリーになります。
例えば、単なる白いTシャツでも、バングル、指輪、ネックレス2,3本、サングラスなどを使い、小物を過剰に装備することで、おしゃれな感じを演出することは可能です。
自分のお気に入りを集めたり、またはシルバーまたはゴールドで統一する、
クリアな素材で統一するなど、自分でテーマを決めて過剰づけをしていくといいでしょう。

日中の外出には紫外線対策が、男性も同様に、必要です。
日傘やサングラス、帽子、日焼けを防ぐ長袖のアイテムなど、
暑さと紫外線対策を忘れずにしましょう。
そしてどうしてもおしゃれに見せたい場合は、夜の外出時にするとか、
どこかに着くまでは猛暑対策を優先し、出先でおしゃれなものに着替えるのもいいと思います。

今までどおりに考えていたのではもう対応できないのが最近の暑さです。
優先すべきなのは自分と他人の健康です。
おしゃれなんて、この際どうでもいいぐらいに考えて、
涼しくなってからおしゃれを楽しめばいいでしょう。
嫌でも季節はめぐっていきますから。

☆賢くお金を使って、無駄な買い物をなくすための方法論、
新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』アマゾンさんのリンク先はこちら
☆ワードローブの作り方初級編、
『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら

2冊あわせてどうぞ!

2018年7月11日水曜日

連載のお知らせ

現在、

☆WEB女子SPA!にて『モードをリアルに着る!』連載中(毎週木曜日)
☆WEB日刊SPA!にて『モードをリアルに着る!オム』連載中(隔週金曜日)です。

着こなしの具体的なテクニックについては上記の連載に詳しく書いています。

どうぞごらんくださいませ。

2018年7月3日火曜日

50歳になったら何を着たらいい?という問い

「50歳になったら何を着たらいい?」という問いがありました。
その答えを知っているのは、私ではありません。
ですから、私がお教えできるのは、
その答えにたどり着くまでの1つの方法です。

40歳を過ぎたころでしょうか。
年の重ね方というものが人それぞれ違うものだと、
多くの人が気付くでしょう。
そして年代別に作られているはずの雑誌のモデルが、
どう見てもその年代の人より若いであろうということにも、
薄々感づくのもそのころでしょう。

何歳という、生きてきた時間経過も、
世代という、大雑把な一絡げも、
もはや無意味であると、本当は誰もが気づいています。
ただ、それを声に出してみたり、
文字として書き記してみたりはしないだけです。
なぜならそれをすると、その言葉は石に刻まれた碑文のように、
永遠に消えないような気がするから。

あなたにはあなただけしか知らない過去があり、
同時にあなたさえ知らない未来があります。

50歳になったら何を着たらいいか、
その問いに対する答えへの道は、
あなたのたどってきた過去という階段の上にあり、
今という踊り場で、
目指すべき頂上が見えたときにわかるでしょう。
頂上が見えないのなら、
そこへどうやってたどり着くのかわかりません。

50歳になったら何を着たらいいのかわからないとしたら、
あなたには自分が登ろうとしている、その山のてっぺんが見えていないのでしょう。
それは霧に隠れているのか、
手前の小さな峰に阻まれて見えないのか、
その理由はさまざまでしょうけれども、
とにかく見えないのだろうと思います。

30歳でも、40歳でも、50歳でも、60歳でも、
見えない限りわかりません。

では見るためにはどうしたらいいでしょうか。
見るためには、自分で自分がどうなりたいか、どこへ行きたいのか、
誰といたいのか、何を見て感じたいのか、
どう経験したいのか、
自分で決める以外ないでしょう。
大人になればなるほど、
誰もあなたの行き先を決めてはくれません。
またどうやったらたどり着けるかも、
ほかの誰かが教えることはできません。


決められないのなら、
参考資料を集めましょう。
旅へ出るためのガイドブックのように、
憧れの人が登ったルートを参考にしてもいいでしょう。
もちろんその前にはあなたの現在地や予算を確認しておくこと。
それなしに実行することは不可能です。

それでも最後に決めるのはあなたです。
迷い道に入ってしまったら、
もといた場所へ戻ればいいでしょう。
違ったなと思ったら、違う道を選べばいいでしょう。

下降したくないのなら、
たとえそれが薄紙一枚程度のものであったとしても、
少しずつ上がるためのものを選びましょう。
あなたはもう初心者ではありません。
もう随分と遠くまでやってきました。

未来の自分が待っている場所へ、
自分で自分を引き上げるために、
その1枚があれば、もう一歩先へ進めるような、
そんな服を選んでいけば、
目指す境地へたどり着けるでしょう。

※具体的に何かなどは、個人個人違い過ぎるので、書くことはできません。


☆賢くお金を使って、無駄な買い物をなくすための方法論、
新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』アマゾンさんのリンク先はこちら
☆ワードローブの作り方初級編、
『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら

2冊あわせてどうぞ!

2018年6月15日金曜日

21世紀のチープシック 番外編 私の場合

さて、「21世紀のチープシック」番外編ということで、
実際に私がどうやっていたのかということを書き記したいと思います。

拙著『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』を
もう既にお読みになっていただいた皆さんはお気づきだと思いますが、
私が在籍していた会社は、今で言うところのブラック企業です。
その当時はまだ、ブラック企業という言葉はありませんでした。
まず、労働基準法は守らない、各種ハラスメントは当たり前の無法地帯。

相手は法律を守らないため、辞めようとしてもふつうの手段では辞めさせてもらえず、
やっと脱出できた結果、もたらされたのは働けないほどの身体的及び精神的症状。
端的に言えば病気で、通勤という勤務形態は不可能に。
それ以来、チープシックの実践は不可欠となりました。

では、具体的に何をしていたのか、ご紹介しましょう。

①ファミリーセールや社販
まず、基本的にアパレルメーカーで働いている人たちは、
自分の会社、もしくは知り合いの会社のファミリーセールで多く買い物します。
ファミリーセールがないとしても、例えば物流倉庫へ行って安く買ったりします。
どれぐらい安いかというと、エマ・ホープの靴5000円とか、
イギリスのインポートブランドのシルクブラウス1000円とか、
そんな感じです。
私は自分がいた会社のオリジナル製品は絶対に買いませんでしたが、
ほんの少し扱っていたインポート製品が安くなっていれば買っていました。
また、友達のアパレル会社のファミリーセールや、
お知らせが来ていたインポートブランドのファミリーセールを活用。
大きなもののほとんどはそこで買っていました。
特に友達がヘルムート・ラングの会社にいたのと、私も途中、アルバイトをしたことがあるので、ヘルムート・ラングはコート、ジャケット、ワンピース、カーディガンとよく着ていました。

②自分で作る
服飾専門学校を卒業しているので、自分で作れます。
スカートなんかは作っていました。
一番作ったのは帽子。自分が作った帽子は今もまだかぶっています。
ただし、コートやジャケットなど大物を自分で作るほどの縫製技術はないので、
自分では作りません。

③海外通販
円が100円ぐらいになったころから、海外通販を利用し始めました。
日本へ送る送料があまりかからないところが中心。
ガーネットヒルやシリリュス、ヴィクトリアズシークレットなど利用。
一番着ていたのはアバクロのジャケット。
カタログがブルース・ウェーバー撮影で、とてもよかったです。

④古着
原宿のハンジロウというかなり広い古着屋さんで買ったコートを、
一部自分で直して着ていました。

⑤海外で買う
服にお金を使うより、アパレル会社時代には行けなかった海外旅行がしたかったので、
1年間ためたお金で海外旅行をしていました。
その際に、現地で購入。どこで買うと決めているわけではなかったので、
行き当たりばったりです。
よく着ていたのはリバティで買ったリバティプリントのシャツと、
フィレンツェで買ったブラウス。どちらも穴があくほど着ていました。
またロンドンのアーチストたちのマーケットで買った帽子もよくかぶっていました。

⑤アウトレット
近場のアウトレットを利用。
ハイブランドではないけれども、「コレクションをやっているレベルのブランドのもので、75パーセント引きぐらいになっているもの」みたいな感じで買っていました。

⑥親のものを着る、使う
70年代に父親がヨーロッパから買ってきたグッチのバッグやオメガの時計も使っていました。
また、母親のライセンスのサンローランのヴェルヴェットのジャケットも着ていました。

⑦妹から借りる
バッグは妹から借りていました。(今でも!)

そのほか、問題のファストファッションですが、
さすがにジル・サンダーがコラボレーションしたときには買ってしまいました。
けれども今ではもう持っていませんし、買いません。

私がチープシックを激しく実践していたときには、
今ほど中古市場が活況ではなかったので、
中古を買うというふうにはなりませんでしたが、
今現在は、中古市場がとても充実しているので、
ファストファッションを買わずとも十分やっていけるし、
むしろ中古のほうがいいものが揃っているので、
中古で買ったほうがだんぜんいいです。

私はブラック企業で死にそうになったとき、
「私はこの人生でどうしたいのか?」を真剣に考えました。
その結果、クオリティ・オブ・ライフが大事だという結論に至りました。
ライフとは働くことだけではありません。
毎日の暮らし、食べ物、睡眠、勉強、旅、友達、健康など、
さまざまなことが含まれます。
もちろん、「おしゃれ」だけが人生ではありません。
アパレル会社にいる人たちの、ファッションは大事にするけれども、
そのほかのことをおざなりにするファッション至上主義には懐疑的だったので、
私はそういう生き方はしないと決めました。

おしゃれが人生のすべてではないし、
多大なエネルギーは使えない。
ほかに大事なことがたくさんある。
それでもおしゃれをしたいときにどうしたらいいか?
「21世紀のチープシック」の実践は、私なりの、その一つの答えです。


☆賢くお金を使って、無駄な買い物をなくすための方法論、
新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』アマゾンさんのリンク先はこちら
☆ワードローブの作り方初級編、
『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら

2冊あわせてどうぞ!