ページ

2018年3月26日月曜日

新刊のお知らせ


このたびKADOKAWA様より新刊
『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』
の予約が開始いたしました。
アマゾンさんのリンク先はこちら
ちなみに発売日は4月26日です。

昨年より項目を作っておりました「21世紀のチープシック」についてです。
文章はすべて書き下ろし。
内容は、無駄な買い物をなくすこと、そして賢くお金をするためのいろいろな方法。
その他、おしゃれに見えるポイントなど、です。
おしゃれに見えるポイントとして、最近新しく発見した「おいしい色のルール」というものについても書いてあります。
これは本当に簡単で効果抜群、それなのに誰も書いていない、
謎のルールです。

それから新しい言葉は「ゾンビ服」。
持っているのに着ていない、いわば死んだ服を「ゾンビ服」と名付けました。

ゾンビ服を減らして、賢くお金を使って、
これから始まる不景気を乗り切ろうっていう話です。
(金利が上がると不景気になるのよ)

※ただし、好きなものを好きなだけ買える人にチープシックは必要ありませんので、
お読みにならなくて結構です。

予約が始まっておりますので、何とぞ皆様、ご予約のほど、
よろしく申し上げます!

2018年3月14日水曜日

カンバセーション・ピース

会話の糸口になるようなピース、
それはアクセサリーでも靴でもバッグでも構いませんが、
をカンバセーション・ピースと呼びます。

会話の糸口になるようなピースとはどんなものでしょうか。
それは珍しいもの、
見たことがないもの、
美しいもの、
素敵なもの、
目を見張るものなど、
人々の興味を引くものでしょう。
平凡で、ありふれたものはカンバセーション・ピースにはなり得ません。

誰かがそんなカンバセーション・ピースを身につけていたり、持っていたりすると、
社交的な性格の人やおしゃべりな人、
天真爛漫に人を褒めることができる人などから話しかけられます。
それ、かわいい、
どこで買ったの?、
素敵ね、などと、
感想、もしくは質問が寄せられます。

そうして時に、その知らない2人の間で会話が始まります。
多くの人がすれ違う街角で、またはカフェで、
スーパーのレジに並ぶ間に、もしくは誰かを待っているときに、
そんなふうに会話が始まり、
私たちはそのカンバセーション・ピースを通して、
誰かとつながることができます。

カンバセーション・ピースは人を引きつけます。
その意味で、それはおしゃれなものになり得ます。
(もちろん、珍奇すぎておしゃれとは言えないものもカンバセーション・ピースではあります)

引きつけるということの意味を、
皆さんは考えたことがあるでしょうか。
いったい、何が引きつけられたのでしょうか。

引きつけられたのは心です。
捕まえたのは心です。
心を引き付けたい。
心を捕まえたい。
それは、多くの人の望みです。

多くの人は、誰かの心を引き付けたとき、
自分のおしゃれが成功したと感じるでしょう。
それはもちろん、素敵であるとか、かわいいであるとか、
いい意味において、です。
逆に、誰の心も引きつけなかったと感じると、
自分のおしゃれは失敗したと、認めたくはない、
敗北を感じるのでしょう。

珍しく、素敵で、
見たことがないような、
そんなカンバセーション・ピースを全身のどこかに加えましょう。
それはピアスでもバングルでも、バッグでも靴でも、
もちろん服のデザインでも構いません。

過去の失敗と敗北を認めて、
知らないふりをしないで、
目を見開いて探し続ければ、
誰もを引きつけるようなカンバセーション・ピースは見つかるでしょう。


☆『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら
または全国各書店でどうぞ!

2018年3月12日月曜日

Less is More

ボッテガ・ヴェネタの顧客は、
She shops less, but buys pieces that will last a lifetime,
つまり、少なく、だけれども生涯持っていられるピースを買うと、
ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブディレクターのトーマス・マイヤーは、
THE SUNDAY TIMESの記事の中で語っています。
それに続いて、
 a lot, a lot, a lot” has changed in the fashion industry in that time.
とも言っています。
The Sunday Times, 




























































☆『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら
または全国各書店でどうぞ!

 




2018年2月17日土曜日

今なぜチープシックが必要なのか(絶望バージョン)

2018年が始まって1カ月半、
バブル崩壊の兆しが見えてきました。
これからの時代、多くの人たちにチープシックが必要であると考えます。

ただし、これからも経済的に余裕があり、
インスタグラムにご自分のお買いになった、
すぐ見てハイブランドのものだとわかる
バッグや靴をあれやこれやアップしていらっしゃる皆さまには、
チープシックは必要ありませんので、
これ以降、読む必要はありませんから、お読みにならなくて結構です。

さて、多くの日本に住む女性には、これからますますチープシックが必要です。
OECDの2015年の統計によると、
日本の男女間の賃金格差は27.5パーセントと先進国最大レベル。
厚生労働省の2016年度の統計では、日本の働く女性の58パーセントは非正規雇用。
シングルマザーの半分は貧困層で、結婚しても3分の1は離婚します。

結婚して子供が生まれても、すべての子どもの数の保育園は用意されておらず、
保育園に入れず仕事を失えば、正規の職に再び就くことは非常に難しく、
その多くがいわゆる「103万円」以下の収入に甘んじます。

問題はそれだけではありません。
大学へ行く半数の学生には奨学金という名の借金があり、
卒業してから20年近く、毎月その借金の返済をしていかなくてはなりません。
総世帯数の35パーセントは貯蓄なしの世帯です。

「女性が普通に働いてもいつ貧困に陥るかわからない社会」、
残念ながらそれが今の日本です。

そんな日本にいながら、
海外のストリートスナップに見られる「セレブ」や「エディター」のように
服、靴、バッグにお金を使って、貯蓄もせずにいたら、
その先に待っているのは自己破産。
これはおどしでもなんでもなく、リアルな現実です。

考え方を変えないと、
落とされるのは私たちです。
誰かのお勧めを次から次へと買っていったら、
あっという間にお金はなくなります。

服を買っても、靴を買っても、バッグを買っても、
それによって人生がよくなるということはありません。
それは最低限必要だけれども、
人生を破壊するまで買うほどのものでは決してありません。

いつも新しいものを着ていなければいけない、
新品を買わなければいけない、
ハイブランドのロゴが入ったバッグや財布がなければいけない、
これらすべてのマインドセットを一度解体しないと、
私たちを待っているのは「この世の地獄」です。

考え方を変えましょう。
いつも新しいものを着てなければいけない、
新品を買わなければいけない、
ハイブランドのロゴが入ったバッグや財布がなければいけないという
この3点は、
おしゃれであることの絶対条件ではありません。

ありがたいことに、おしゃれをするためには違う方法があります。
それがチープシックです。

自由に好きなだけ買うだけのお金がない場合、
チープシックを実践しましょう。

(実践については「21世紀のチープシック」のラベルを御覧ください)

『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中!アマゾンさんはこちら
または全国各書店でどうぞ!

 





2018年1月15日月曜日

新しいスタイリング スポーツ+アウトドア+モード

スポーツウエアとアウトドアウエアが日常着として認知されたことについては、
過去いろいろと書いてきました。
またここ数年の、スポーツウエアとモード、アウトドアウエアとモードという
組み合わせについても書きました。
今年(2018年)はこれがより進化として、
スポーツ+アウトドア+モードという新しいスタイリングが台頭してきます。
そしてその影響は、モードだけではなく、
ごく一般にも広がっていくでしょう。
なぜならこのスタイリングは手が届きやすいアイテムで作ることができ、
かつ新しいからです。

具体的にどのようなスタイリングかというと、
例えばモードのコートやジャケットに、
ナイロンのトラックパンツ、インナーにはフーディーやTシャツ、
バッグはアウトドアブランドのバッグパック、
靴はスポーツシューズ、またはアウトドアブランドのトレッキングシューズやサンダル
という具合です。

これをより洗練されて見せるポイントは、
ジャージやメリヤスなど、
Tシャツ以外の編み地の素材を少なめにして、
スポーツウエアやアウトドアウエアで使われるような、
ナイロン等の布帛を合わせることです。
ジャージ類を極力少なくすることで、
モードのアイテムとの相性はよくなり、
各段に洗練されて見えます。

またスポーツウエアやアウトドアウエアも、
昔からある、ごく普通にスポーツやアウトドアのアクティビティをするときに着るような、
本物を合わせるのも、このスタイリングのコツです。
スポーツウエアを真似てデザインしたトラックパンツやトラックジャケットよりも、
アディダスならアディダス、ナイキならナイキ、
プーマならプーマのトラックパンツやトラックジャケットのほうが、
スタイリッシュです。

もちろんすべての人がモードの服を着るわけではないので、
そうでない場合は、なるべく仕立てのいいジャケットやコートを合わせるといいでしょう。
またハイブランドなど、デザイン性が高いものでない場合は、
正統的なテイラードジャケットやテイラードカラ―のロングコート、
Pコート、ステンカラーのコートなどを合わせるのがお勧めです。
作りが端正なものとスポーツウエアやアウトドアウエアを合わせるのが
このスタイリングの肝なので、ここを崩さないほうがいいのです。

またよりスタイリッシュに見せるもう一つのポイントは、
色数を少なくすること。
もっともスタイリッシュかつモード風に見せるには、
なんといっても全身を1色でコーディネートすることです。
黒なら黒だけ、ネイビーならネイビーだけと、
色を統一します。
その場合、部分的にブランドロゴやラインが入っても構いません。
1色、もしくは2色以内に構成することにより、
スポーツウエアやアウトドアウエアが上品で洗練されたものに見えるようになります。
それはスポーツやアウトドアのアクティビティのストイックさの表現にもなり、
粋で格好いいのです。

このスポーツ+アウトドア+モードのスタイリングは、
ストリートスタイルからの影響です。
しかも今回のストリートスタイルは、ヒップホップやラップなど、
音楽からの影響のものです。

90年代、音楽からの影響と言えばグランジでした。
あのときは、グランジ、つまり薄汚いスタイルが主流でしたが、
今回は、そんな薄汚さとは無縁であり、
それを持ってくることはできません。
つまり、穴あきジーンズも、チェックシャツも、このスタイルには不要です。

黒人、もしくはミックスト・レイスの音楽による
今回のストリートスタイルに、だらしなさはありません。
その破綻のなさ、端正さが、そして研ぎ澄まされた感性が、
今回の新しいスタイリングの魅力です。

手に入りやすいアイテムで、
しかもそれは機能的で、動きやすく、
リアルな日常に沿っていて、かつスタイリッシュ。
これからおしゃれに敏感な人たちは、
このスタイルを選んでいくでしょう。

さて、揃えるのは簡単なこのスタイル。
自分に自信があり、
しっかりと地に足をつけた生活ができて、
アンチレイシストで、
積極的に行動している、そんな人は、明日からでも実践したらいかがでしょうか?
はっとするほど新鮮で、
見たことがないほどおしゃれで、
人の心に強く印象を残すことができること、請け合いです。

2018年1月10日水曜日

トレンドに影響されないことは可能か?

この冬、フランス人、アメリカ人、イタリア人が書いたおしゃれのための本で、まだ日本で出版されていないものについて3冊ほど読みました。
そのどれもに、
「トレンドなど無視するように!」というようなことが書いてありました。
この指針の前提は、「トレンドは無視することができる」、
つまり、トレンドの影響を受けないでも服を買うことができる、ということです。
果たしてそんなことは可能でしょうか?

例えば日本でトラッドと呼ばれるテイストの服は、トレンドの影響を受けにくいものの一つです。
「紺ブレ」と呼ばれる紺色のブレザーなど、そのいい例でしょう。
(余談ですが、ブレザーの語源のブレイズは、炎のように燃える赤色という意味なので、
紺色のブレザーというのは非常に矛盾した表現です)
そのほか、軍服をオリジナルとするトレンチコート、Pコートなども、
このトラッドを扱うブランドではいつも売られています。
では、これらのものは全くトレンドの影響を受けないのでしょうか?

例えばトラッドで有名なラルフ・ローレンがあります。
「ラルフの紺ブレ」と呼ばれるぐらい、
このブランドのブレザーは定番として有名です。
毎年、同じスタイルのものが販売されています。
ではこの「ラルフの紺ブレ」はトレンドに全く影響されていないでしょうか?
そんなことはありません。ちゃんと影響されています。
去年の紺ブレと今年の紺ブレでは、
肩幅、身幅、肩パッドの厚さ、ウエストの絞り、着丈など、
すべて違います。
それは1ミリ単位で調整されています。
10年前に1度作った紺ブレを、全く手直しもせず毎年同じものを作り続けているなどということはありません。
必ずやどこか変えていきます。
なぜか。
それはトレンドが変化したからです。
タイトフィットのものが格好良く見えるとき、
ワイドフィットのものが格好良く見えるとき、
トレンドは大体この2つのシルエットを繰り返していきます。
テイラードカラ―、金色のボタンなど、
デザインのディテールは変えなくても、
シルエットはそのトレンドに沿ったものに必ず変えていきます。
流行とはシルエットです。
それを無視することは、ファッションを扱うブランドにはできません。
もし無視し続けたなら、
もうとっくにファッションブランドとして撤退していたことでしょう。

もしトレンドに全く影響されない定番なるものがあるとしたら、
1度そのパターンを作って、いつも同じものを作り続けていればいいだけです。
もし人が絶対にトレンドに影響されたくないのなら、
買うときに同じものを何着も買って、
だめになったら、またそれを着ればいいのです。
しかし10年前に買ったトレンチコートと今のトレンチコートでは、
シルエットが違います。
同じバーバリーの定番のトレンチコートでさえ、
今素敵に見えるシルエットは10年前のものとは違います。

毎年何かを買う限り、
トレンドから逃れることはできません。
トレンドに影響されない買い物をすることは、
今の私たちにはできません。

トレンドに影響されなかったのはすべての服を自分で作っていたターシャ・テューダーか、
自分たちのスタイルを守り続けるシェーカー教徒、
もしくは洋服を着ない民族です。
(それでもその民族のあいだでは彼らなりの流行があるかもしれません)

どんなに定番を買ったとしても、
トレンドには影響されます。
それは永遠ではありません。
多くの人が言う今の「定番」は、
10年後に見たら、
定番でも何でもない可能性もあります。

ではどうしたらいいでしょうか。
たくさん所持しないことです。
定番のものでもシルエットが変化していきますので、
定番だからといって、何枚も所持しないこと。
くたびれたころにちょうど新しいものを買えるぐらいな、
そんな状態を維持できるぐらいの枚数にワードローブ全体をおさえておけば、
適度にトレンドを取り入れつつ、
かといって、トレンドに振り回されるということもありません。

自分がぶれなければ、
トレンドなど怖くもありません。
自分というものがあるならば、
トレンドさえ超えることができます。
トレンドを超越したおしゃれな人。
目指すのは、そんな境地ではないでしょうか。

2017年12月13日水曜日

デザイン性の高い服の選び方、買い方

シンプルでベーシックなものがいいという意見に異論はありませんが、
もし自分が本当に気に入ったのならば、
デザイン性の高い服を着るのは、その人のパーソナリティを表現できる、
他の人とは違うオリジナリティがあるという意味でも大変いいものです。
実際、多くのデザイン性の高い服がこの世には存在しますし、
買うことができます。
なぜならそれには存在する意義があるからです。

しかし、今までデザイン性が高い服をあまり着たことがない人は、
それをどうやって選んだらいいのかよくわからないでしょう。
その方法について書きます。

まず、どんなデザイナーの服が好きなのか、着てみたいのか、
決めましょう。
何が好きなのか、どんな趣味嗜好なのかは、その人自身でないとわかりません。
雑誌で見たスタイル、コレクションのビデオを見ていいと思ったもの、
なんでもいいのでまずはどんなものが着てみたいのか、
実際に買いたいのか決めてください。

さて、では例として、あるブランドものが1点は買ってみたいなと決めました。
サンローランならサンローラン、グッチならグッチ、なんでもいいです。
ほとんどの人はいきなり全身コーディネートを買える状況にはないと思いますから、
次に、自分の必要なアイテム、そして色を決めましょう。
例えばセーターが欲しい、そして色はネイビーというふうに決めます。
ここで何も決めないでいきなりショップへ行っても、
何を選んだらいいかわからなくなりますから、
自分が欲しいものを決めておきます。

次に実際に試着をしにショップへ行きます。
通販でも販売していますが、今まで買ったこともない、
しかもデザイン性の高いブランドのものを、初心者が買うのは無謀です。
返品可能なものではない限り、それはやめておきましょう。
扱っているのは、そのブランドの店舗か、もしくはセレクトショップやデパートの場合もあります。

ショップに入ったら、自分が探しているものを販売員の方に伝えます。
販売員の方がいらっしゃらない場合は、自分で探します。
セーターを探しているのなら、セーターが並ぶ棚へ行きます。
そして色、サイズともぴったりのものがあったら試着します。

ここで気をつけてほしいのは、
デザイン性が高いものは、ハンガーにつる下がった状態では、
着た状態がどんなものかはわからない、ということです。
ですから、ハンガーにかかった状態で、これはいい、悪いと判断しないでください。
着てみないと絶対にわかりません。
とにかく試着です。

デザイン性の高いもの、特にハイブランドのものなどは、
いわゆるドメスティックブランドと言われる日本のブランドのものとはサイズ感が違います。
その多くは、どこかが非常に細かったり、長かったりします。
そのサイズ感はブランドによってさまざまです。
それはそのブランドの目指す理想像であるので、
その理想像をどんな体型にするかによって、サイズは全く違います。
そのサイズ感についての情報は、どこにも書いてありません。
うちのブランドはウエストが細いです、袖丈が長いですなどというような
注意書きは、通常、どこにも記載されていません。
ですから、サイズについても試着しないことにはわかりません。
また、こちらのブランドの36と、あちらのブランドの36、
同じではありません。
私はいつも36よ、などと言っても、細いものは細いですし、
大きいものは大きいです。
サイズは目安でしかありませんから、とにかく試着してみましょう。
デザイン性が高ければ高いほど、試着が必要になります。

試着するときも、デザインによっては自分ではどうやって着たらいいのかよくわからないものもあります。
極端に言えば、どちらが前で後ろなのかわからないスカート、などというのものもありますから、
わからなかったら販売員の方に着方を必ず聞きましょう。

さて試着してみたらサイズのチェックです。
前述したように、サイズ番号は目安にしかなりませんので、
自分の身体に合っているかどうか、チェックしてください。

では、自分の探していたネイビーのセーターがありました、
サイズもぴったりでした。その次にまだ確認することがあります。

これはできれば、自分がネイビーのセーターを何に合わせるのか決めているのなら、
それを着て、買いに行くといいでしょう。
もし合わせるつもりのものをそのときに着ていないのなら、
そのセーターが自分のパンツ、またはスカートに合うかどうか、
イメージしてみましょう。
たぶんここが一番難しいポイントで、イメージすることができない人も多いと思います。
イメージするのが苦手な場合は、最初から合わせるつもりのものを着ていくといいでしょう。

ではここから、もう少し簡単に取り入れる方法です。
デザイン性の高いものは、ほかのものと合わせるのが難しいものが多いです。
その難しさから敬遠している人も多いと思います。
その場合は、ほかのアイテムとほとんど合わせる必要のないワンピースを買ってみるといいでしょう。
特に夏のワンピースはそれ1枚だけで着て、出かけられますから、
コーディネートが苦手な人はワンピース、
もしくはスーツやセットアップを選ぶといいと思います。
例えばデザイン性の高いブラウスに対して、
同素材のスカートやパンツもあるのなら、それも併せて買えば、
コーディネートについて、それほど悩む必要はありません。

またもう既に持っている自分のアイテムと合わせることを考えた場合、
自分が集めている色のものを買うといいでしょう。
色さえ合わせておけば、コーディネートはぐっと簡単になります。

次です。
例えばどこかのブランドのデザイン性の高いシャツを1枚買いました。
それがとても気に入りました。
そうしたら、次に何かを買うときも、また同じブランドで買いましょう。
やはり同じブランドのものはコーディネートもしやすく、おしゃれに見えます。
いろいろなブランドをミックスするのがはやっている現在ですが、
それでも余り考えないで着てもおしゃれに見えるのは、
同じブランドのアイテム同士です。
コーディネートが苦手な人は特に、同じブランドでアイテムを集めていくといいでしょう。

もし世界全体に、いわゆる洋服におけるシンプルでベーシックな服が存在するだけでいいのなら、
多くのデザイナーは失業しますし、ファッション学校も必要ありません。
それに、同じシンプルでベーシックな服をすべての人が着なければならないと言ったら、
それは表現の自由のない独裁国家です。
幸いにも、少なくともこれを読んでいる方々は、同じ服を着ることを強制されるような、
独裁国家の国民ではありません。

そうしてもっと言うのなら、
あなたのパーソナリティはほかの誰かのパーソナリティとは違います。
それを表現する方法の1つとして、
多くのデザイナーたちが提供する、デザイン性の高い服は非常に有効です。
これを使わない手はありません。

もしデザイナーの渾身の1枚を着てみたいと思うのなら、
躊躇することなく、試着してみてください。
服で感動するとはどういうことなのか、わかります。
それは新しい経験です。
デザインとは、世界の新しい見方なのだと、
そして自分を再発見することなのだということがわかるでしょう。