ページ

2021年11月17日水曜日

あなたが迷う、その理由

 時々「おしゃれ迷子」という言葉を日本の女性誌で見つけます。
これはモード系の雑誌や、海外のファッション誌では見られない言葉であり、表現です。
また同様に、10代、20代といった、若い人向けの雑誌でも見られません。

どうやら迷うのは若い人ではなく、30代後半、あるいは40代以上のようです。

この人たちはどこでどう迷ったのでしょうか。

10代に女の子たちには憧れのアイドル、アーチストがいたりして、自分もそうなりたいと願っている人も多いです。
また誰かへの憧れはなくても、自分もこうだったらいいなという、好きなドラマや映画、マンガはあるでしょう。
あの主人公のような格好で、ああいう感情を経験したいという思いが彼女たちの服を選ぶときの動機になります。

20代から30代前半までは、恋愛、仕事、結婚が主なテーマになるでしょう。
恋愛のための衣装、仕事を得るための衣装、結婚相手を見つけるまでの衣装、
それぞれ雑誌に提示されています。
20代から30代前半までの、モード誌を買うような服が趣味な人たち以外は、こういった目的に従って、服選びをすることが多くなります。
彼女たちのほとんどには達成したい目的があります。
仕事を見つけたい人、結婚したい人、恋愛したい人、
その目的がある人たちは、服選びに迷うことはほとんどありません(絶対とは言いませんが)。

さて、30代も後半になってくると、だんだんと目的を達成したか、あるいはあきらめたかが決まってくるでしょう。
また、人によっては「母」「妻」「キャリアウーマン」といったものに自分自身を一致させているかもしれません。
こういう人は、服を選ぶのに迷うことも少ないでしょう。
なぜなら母らしい服、妻らしい、服、キャリアウーマンらしい服は、それを演じるドラマの役者のように、ある程度はパターン化されているからです。

問題は、こういった自分を定義するもの、あるいは人生の目的が漠然としている人です。

自分がどういう者なのかもはっきりしない、また若いころのように「仕事につきたい」あるいは「恋愛したい」あるいは「結婚したい」という動機もないとき、その人は服選びに迷うでしょう。

何を着るかが決まったら、目的も後からついてくるのではありません。
目的があって、その後に何を着るかが決まります。
目的が決まらない限り、何を着るかも決まりません。

ではどうしたらいいでしょうか。

あなたの目的はあなたしか知ることができません。
あなたが自分の目的がわからなくても、誰かがそれを教えることはできません。
あなたを動かすものが何なのか、わからないでしょうか?

わからないのなら、探すしかありません。
以前のように、恋愛も結婚も、あなたを動かさないでしょう。
では何があなたを動かすのか?

その目的は、見つけてもらうためにどこかに隠れています。
探してもらうまで、隠れ続けるつもりでいます。
かくれんぼのように、誰かに見つけてもらうのを待っています。
だけれども、このかくれんぼの参加者はあなただけなのです。
鬼はあなたの分身です。

見つからないなら、そのまま迷うことになるでしょう。
あなたの分身である鬼だけが、あなたが何を着たらいいかを知っています。

見つけるも、見つけないも、あなた次第です。
迷子のまま生きるか、鬼のふりした明るい光を見つけて生きるか、
どちらでも、選べます。

見つけたら、もう迷子ではありません。
光を頼りに、歩いていけばいいだけです。



2021年11月3日水曜日

おしゃれをしない権利もある

 おしゃれをする権利があるのと同様に、おしゃれをしない権利もあります。
おしゃれに価値を置かない、
あえておしゃれに見えないようにする、
わかっているけれども、今はできないからおしゃれはしない、
そういう権利は誰にでもあります。

服を着ないで、あるいは下着のまま街を歩けば、
それはとがめられますが、
おしゃれでないからといって、誰かから何かを言われる筋合いはありません。
それは、誰かがおしゃれであることを選択したように、
おしゃれでないことを選択した結果にすぎません。
この選択は自由なのです。

新しいものを買えないとき、
服を買うお金がないとき、
病気のとき、
おしゃれする気分ではないとき、
家庭の事情でおしゃれができないとき、
またはおしゃれであることに全く意味を見出せない、
おしゃれであることは邪魔である、
あるいはおしゃれであることが嫌な場合など、
おしゃれをしない理由はさまざまです。
人にはそれぞれ違う事情があります。

その事情を知ろうともせず、
誰かが誰かにおしゃれであることを強制することはできません。

おしゃれがどんなにか素敵で、どんなにか楽しいことであったとしても、
それをやるかやらないかは、その人自身の選択の問題なのです。

おしゃれでなくてもいい人はたくさんいます。
おしゃれであっても、最低の人間もたくさんいます。
おしゃれは人生の優先順位の一番ではありません。

おしゃれをしない権利もあることを覚えておいてください。
そしてそれを自分、もしくは他人が行使しているときは、
批判したり、邪魔をしたり、
あるいは「女たるものおしゃれをするべき」などと言って脅迫しないように。
それは本当にはた迷惑な行為なのです。

2021年10月12日火曜日

移り変わるのは流行だけではなく

20代のころ、ファッションで変わるのは流行ばかりだと思っていました。
けれども、それから年を重ねると、
ワードローブに影響を与えるのは、シルエットや色の変化としての流行だけではない、
ということがよくわかります。

変わっていった点を挙げてみましょう。
・買い方
・購入可能な服、靴、バッグ
・服、靴、バッグの値段
・使う金額

まずは買い方です。
これほど多くの人たちが通販を利用して服、靴、バッグを買うことは、過去ありませんでした。
昔、といっても90年代の通販は、まずハガキで紙のカタログを請求し、
それが届くまで鷹揚と待ち、買うものを選んで、ハガキあるいはファクスで注文し、
届くまで待つという、今の「明日届く」とは程遠い、のんびりしたものでした。

では多くの人たちはどこで服を買っていたのでしょうか。
それはブティックと呼ばれる地元の商店街にある店舗や、少し大きな街にあるデパートでした。
私が住んでいた街では80年代、商店街のブティックにさえ、
ライセンス生産のディオールやサンローラン、ジバンシーが売られていて、
ごく普通のマダムたちがそれらの衣服を買っていました。

次に、購入可能な服、靴、バッグです。
昔から商店で売られているものはもちろん購入可能でした。
しかしその購入可能なものの範囲がどんどん広がってきました。
まずはフリーマーケットやフリマアプリを通して個人のものを、
海外通販を通して海外のもの、
アウトレットではアウトレット商品を、
古着屋で古着を、
セカンドハンドのショップでは中古品をというように、
商店やデパートで売られている新品のものだけが購入可能なものではなくなり、
買う際の選択肢は一挙にふえました。
コート1枚買うのに、デパートのコート売り場に並ぶものから選択していた時代は、
もうとっくの昔に終わったのです。
今コート1枚買うのなら、
新品、中古品、アウトレット品、古着、フリマアプリで誰かが出品しているものなど、
多くの選択肢があります。

次に服、靴、バッグの値段です。
90年代、服の値段はどんどん上がりました。
今でも黒いセーターを28000円で買ったことを覚えています。
一緒に働いていた同僚は、ヨウジヤマモトのダウンジャケットを13万円で買ったと言っていました。
それが90年代の20代です。しかもバブルよりも後の話です。

それが今はどうでしょう。
普通に働いている20代が、こんなお金の使い方はしないでしょう。
10分の1とまでは言いませんが、
ファストファッションが出現し始めてから、
どうやったらその価格で作れるのかわからない、
安い服、靴、バッグが売られるようになりました。

それに伴い、人々の被服費も90年代の半分近くまで減りました。

ここ10年ぐらいの流れを見ていると、
人々の関心は、デザインそのものよりも、
どこで何をいくらで買ったかということに興味があるように見えます。
例えば「ネイビーでVネックのシルクウールのセーター」ということよりも、
〇〇というブランドの〇〇円のセーターということが先にきて、
その評価も「コスパがいい」「高見えする」または「〇〇万円もした」など、
価格について言及されるものがふえました。

特に安い価格重視の傾向は強まった結果、
ポリエステル、アクリル、レーヨン等、
化学繊維が使われている商品が大きく増えました。

買い方の変化、購入可能なものの種類の増加、安い値段の服、靴、バッグの出現により、
ファッションを取り巻く環境は大きく様変わりしました。

価格や、使われる素材はデザインに大きく影響します。
安く作るためには安い素材が使われ、
複雑な仕様、用尺の必要なデザインは排除されます。
そしてデザイン、素材とも凝ったものが欲しい場合は、多くの人がおいそれとは手が届かないようなハイブランドを選ぶか、
もしくは高価格設定の新進気鋭のブランドから選ばざるを得なくなりました。

その結果、街の風景さえ変わりました。

こんなにも選択肢があるにもかかわらず、
多くの人がデザイン的に無難で、ウエストゴムのように簡単な仕様の、
似たような服を着て歩くようになりました。

売られている量もふえたにもかかわらず、デザインや色の多様性は失われました。

さて、どうしましょうか。

答えはありません。
それぞれが、それぞれ自分の考えで選択するのみです。

ただ、覚えておいてほしいのは、
本当は選べる、ということです。

お金がないならないなりに、
デザインも、素材も、縫製も優れているものを選ぶことが、今は可能です。
それは80年代、90年代には想像することすらできなかったことです。

たくさんあります。
選べます。
望みさえすれば、90年代以上に、
よりオリジナルで自分らしいおしゃれは可能です。
それはやるか、やらないかの、その人の意思の問題なのです。





 

 


 






2021年10月5日火曜日

古着とヴィンテージの取り入れは世界的な流れ


 

先日、ある人から「古着やヴィンテージを取り入れると、他人からお金がないから買えない人と思われる」という話を伺いました。

そんなことを言うその「他人」は、今、古着やヴィンテージがどういうものなのか、全く理解していない様子ということがよくわかります。

まず第一に、古着やヴィンテージは現在、ファストファッションのように安いものではありません。

特に1980年代、90年代の古着は最近、値段が上がってきていて、古着でさえ、シャツで2万円近くするものもあります。

もちろんそれがシャネルやエルメスといったハイブランド品だったら、ジャケットやコートが10万円以上するものがたくさんあります。

次に、古着やヴィンテージは現在の新品に比べて価値やクオリティが低いと考えているのではないか、という点です。

10代、20代の方にはなかなかわからないと思いますが、現在作られている多くの服は、2000年代以前の服よりもクオリティが低くなりました。
それは素材、縫製、ともに言えることです。
特に、ポリウレタンの入った素材がふえたため、もはや古着にならないものが多いのです。

ちなみに、ポリウレタンの入った素材の消費期限は3年と言われています。

以前、服はこれほどクオリティの低いものではなかったのです。

特に日本の80年代、90年代の服は、今の日本のそこそこのブランドの服よりも、ずっとクオリティが高く、それらは現在、古着、あるいはヴィンテージとなって、高く取引されています。

さて、古着やヴィンテージをワードローブに多く取り入れるのは世界的な流れです。
アンバー・バレッタのように積極的に古着を買うように推奨しているモデルもいますし、
オリヴィア・ロドリゴのように、ヴィンテージと古着でステージに立つアーチストもいます。
海外のおしゃれな人のインスタグラムを見れば、「old celine 」「old prada」とタグづけられた多くのスナップを見ることができます。

サステナビリティを無視できないこと、
最近の服のクオリティが低く、すぐに着られなくなるようなものが多いこと、
高いクオリティの服は、定価で買うには高すぎるようになったこと、
デザイン的にも、素材、縫製とも、優れたものが古着やヴィンテージには多いことなどから、
これからますます古着とヴィンテージを取り入れることは、世界じゅうのおしゃれな人たちの重要なテーマになっていくでしょう。

もし誰かに「古着やヴィンテージを買うなんて貧乏な人がやることだ」と言われたら、
議論などせず、適当にあしらっておいてください。

古着やヴィンテージはそれほど安くはないこと、
選ぶには目利きでなければならないこと、
今の服よりもクオリティの高いものが古着やヴィンテージには多くあること、
サステナビリティを考える上でも、それは必須であること、
これらがわかっていて、かつ実践できる人こそが、
今の最先端を行く世界に通用する本当のおしゃれな人です。

 




 


2021年9月28日火曜日

年を取ったら服は変わる?

 年を取るにつれて、着るものは変わっていくのでしょうか、それとも変わらないのでしょうか。

3パターン考えられます。

ほとんど変わらない人。
変わる部分と、変わらない部分とある人。
すべて変わる人。

まず、ほとんど変わらない人。

体型も、生活環境も、仕事も、自分の好みも変わらない場合、
着るものもほとんど変わらないということはあり得るでしょう。
もちろんそれでも、肉体は衰えていきます。
たとえば肌が敏感になったり、圧迫感を感じる服が苦手になったり。
そんな部分に関してはそれなりの対処が必要になってくるでしょう。

変わる部分と変わらない部分がある人。

体型も、生活環境も、仕事も変わったけれども、
好みが変わらない場合は、似たようなスタイルで、
今の自分に合ったものに変える必要が出てくるでしょう。
たとえば都会で生活していた人が田舎に引っ越した場合、
おのずと必要な服も変わってきます。また必要でなくなるものも出てきます。

最後、すべて変わる人。

体型も、生活環境も、仕事も、好みもすべて変わってしまったら、
ワードローブはほとんど取り換えなければならないかもしれません。
都会でハードに働いていた人が田舎に引っ越し、
仕事も変える。
家族が新しくできるかもしれませんし、または一人になるかもしれません。
不摂生な生活が改善され、スマートになり、
以前の服はすべてだぼだぼになって、着られなくなるかもしれません。
そうなったら、ワードローブのほとんどは取り換えることになるでしょう。

人生は変化の連続です。
私たちが見る景色は、時間とともに変わっていきます。
すべて同じで、時だけが過ぎていくということはありません。
自分は変わらないように思えても、
街の景色も、いつも出合う人の顔も、少しずつ変わります。
そのため、ほとんど変わらな人でさえ、多少の変化は余儀なくされます。

それとともに、私たちは常に変化させたいところを自分のうちに持っています。
成長という意味で、もしくは癒しという意味で、
どこかしら変えたいところを持ちながら、日々生活しています。
変化を促すソフトを内蔵している私たち。

そうであるならば、
ワードローブには常に変化する余裕を持たせておくことが大事です。
余裕とは、文字通り、余っているエリアです。

心も体もタンスも、軽ければ軽いほど、
変化に対応できます。
心と体とワードローブが重ければ重いほど、余裕がなければないほど、
変化には対応できません。

変化に対応できる人は若々しく見えるでしょう。
柔軟な身体を持つ猫のように、
柔らかく対応する人はそれだけで精神的に若いのです。
そうありたいならば、重たくならないように。

美しく進化するためにも、
軽い心と体、そしてワードローブを維持していきましょう。



 

2021年9月19日日曜日

服、靴、バッグが片付かない理由

 服や靴、バッグが片付かないという方がまだまだいらっしゃいます。
いろいろな片付け方法を試してみた。それでもまだ片付かないとおっしゃる皆さん。

では、服や靴、バッグが片付かない理由はなんでしょうか?

それはいろいろな意味において、服、靴、バッグがコントロールする能力を超えたからです。

まず、収納の問題。
どういうところに住んでいるかによって、どれぐらい収納できるかが変わってきます。
狭い都会のマンションに住む人もいれば、田舎の広い一軒家に住む人もいます。

狭ければ狭いなりの収納スペースしかないでしょう。
そのスペースに収納できる量を超えたら、もうそれはコントロールできていないということです。
入らないものができたとき、それは片付かない理由となるでしょう。

次に、案外見落とされているなと思うのが、
人のコントロールできるものの量についてです。
たくさんのものを管理できる人は少数です。

多くのものを管理し、コントロールするにはその人のエネルギーと時間が必要です。
能力はあっても、時間がないなら、やはりそれは無理になります。
服、靴、バッグが多ければ多いほど、管理することは難しくなり、
難しくなればなるほど片付きません。

もちろん人によって、管理して、コントロールできる量は違います。
けれども、ほとんどの人は少ない量であればあるほど管理しやすくなり、
その結果、片付けも簡単になります。

片付かない理由は、その人の管理、コントロールできる以上の量の服、靴、バッグを所持しているからです。

場所、そして人の管理能力、これらは両方とも限界があります。
場所、時間、エネルギー、すべて有限で、無限にあるものではありません。

そしてこの有限を超えれば超えるほど、片づけることは難しくなっていきます。

好き、嫌いといった感情だけで所持する量を決めるのではなく、
場所、時間、エネルギーといった物理的な問題について、
客観的に判断する必要があります。

狭い収納スペースしかないところに住んでいて、片づける時間もないのなら、
それに見合った少ない量のものを持つしかありません。

最初に所持できる限度の量を決めて、その範囲内に常におさめていることが重要です。

感情と欲望が、もっともっととあなたを急き立てるかもしれません。
そんなあなたを肯定的にとらえる人たちもたくさんいます。
けれども、理性的にならないでいたら、最終的に困るのは自分自身です。

無限の欲望の言うことだけを聞いていたら、時間もお金もかかります。
片付かない状態が毎日のストレスの原因になります。
その眼に見えないストレスが日々重なって、あなたはなんとなく不調を感じるようになるでしょう。

まずは客観的かつ理性的に自分の状態を判断しましょう。
そしてどれぐらいまでなら自分が管理、コントロールできるか見極めて。
今がうまくいっていないのなら、それは持ちすぎているという証拠です。
どこまでなら自分が管理、コントロールできるかわからないのなら、
全体量を減らしつつ、自分ができる量がどこまでなのか見つけましょう。

それがどこなのかを知っているのは自分だけです。

自分の管理、コントロールできる量がわかり、
すっかり片付いた暁には、あなたは心底安堵することでしょう。

限界を超えてたくさん持つことは、幸せにはつながらない。
もっともっととあおった人たちの嘘が、あなたにもきっとわかる日が来るでしょう。

 




2021年9月3日金曜日

いいものを探す目

 昔、テレビ番組のコーナーで、
文化服装学院の卒業生のタレントの方が、
街ゆく人をつかまえて「ファッションチェック」なるものをし、
あれやこれやだめだしするというものがありました。

あれは、いいところを見つけることよりも、
悪いところを抽出することにポイントが置かれた演出で、
チェックされた方たちもみな一様に「笑うしかない」様子でした。
内心は傷ついていらっしゃったのではないかと想像します。

そういう私も、
とある雑誌の取材を受けたとき、
「大人の女性のファッションのだめな点を教えてくれ」と言われました。
けれども私は、
「おしゃれはしてもしなくてもいいものだと考えているので、
おしゃれかどうかという点において、ダメ出しはしない。
それに私はいつもいいものを探しているので、
誰かのダメな点を見ようとはしていない」と答えました。

ほとんどのおしゃれについてよく知っている人、
あるいは勉強した人たちが探しているのは「いいもの」です。
観察する目的は「いいもの」を見つけることです。

そりゃあ、絶対に誰かのよくないところが目に入ることはない、
とは断言できません。
ストレッチのきいたパンツに下着のラインが出ていたら、
それは気になります。
けれども、あるとしたらその程度で、おしゃれかどうかは関係ありません。

世の中に、心から引きつけられるものはそう多くはありません。
その少ないものを探すためには、どうでもいいものを見ている余裕などないのです。
玉石混交の中から玉を見つけるために、いちいち拾った石について吟味している暇がないのと同じこと。
私たちが育てているのは、玉を素早く見つける目です。

その玉とは、ブランドのロゴではありません。
ロゴは単なる情報です。
私たちが探しているのは情報ではありません。
私たちが探しているのは心が動かされるという現象です。

画家の名前でその作品がいいものかどうか判断するのは素人です。
それでは贋作に騙されます。
贋作に騙されない目を持てば、どうでもいいものの前では素通りすることができます。

言えるのは、
おしゃれな人たちから変に思われるのかなんて気にしなくていいということ。
そして、
探すならいいものを。

いつでもいいものを見つめて。
いいものに意識を向けて。
そうすれば、いいものはこちらにやってきます。

まずは、いいものを見つめ続けてください。
日常の中で、いつもの場所で。