ページ

2011年4月19日火曜日

都会の服と田舎の服

なんだか、「都会のねずみと田舎のねずみ」みたいですが、洋服にも、明らかに都会向けと、田舎向けがあります。
それぞれの方の住んでいる地域、活動範囲などによって、どちらがより必要かは変わってきます。
もちろん、これらの区切りは、はっきりしているわけではなく、グレーゾーンもあります。
私の住んでいる地域など、まさにそのグレーゾーンで、おまけに海に近いせいもあり、
この地域を出なければ、かなりゆるい感じです。
田舎の一本道に、スーツを着て、ハイヒールで歩いていたら、それは明らかに場違いなわけです。
では、その逆だったらどうでしょうか。
最近の傾向として、この「田舎向けの洋服」が、都会にまで進出しているということが言えると思います。
都会の真ん中、たとえば銀座や新宿といった都会でも、田舎スタイルは堂々と通用するようになりました。
渋谷までいってしまうと、かなり混沌とした状態なので、何でもありです。
今はやりのナチュラルスタイリングや、山ガール風で銀座を歩いても、だれも奇異な目では見ません。
真夏になれば、ビーチサンダルで歩いている人もいます。
それでも、全く問題ないのです。

都会で受ける、能率、効率、スタイリッシュ、お金持ち風は、田舎では滑稽極まりないことになるのですが、
田舎のスタイルを都会に持ち込むことは、問題がないだけでなく、ここ最近ずっと続いている流れなのです。
そうなると、私はめったに都会に行かないわという方には、こういった都会の服スタイルは、ほとんど必要ありません。最低限のラインがあれば、事足ります。
この点も考えて、ワードローブを構築していきましょう。
ほかの人が必要だからといっても、必ずしもそれが自分に必要であるとは限りません。
自分がどこまで行動するかは、ライフスタイルにもつながります。
都会だけが生活ではありません。
もしかして、そのスーツは、ほとんど必要のないものかもしれません。