ページ

2011年8月16日火曜日

自分のために作られたものだわ、と思える服を手に入れる

プレタポルテ、英語であれば、レディ・トゥー・ウエア、日本語だったら、既製服といった、着るばかりの状態にある服が登場してから、その人だけのためにあつらえた服というのは、なかなか手に入れる機会が少なくなりました。
それを手に入れるためには、オーダーメイドのお店へ行くか、自分で作るか、はたまたお母さんが作るか、でもしなければなりません。
現在は、そういったあつらえた服のかわりに、大量に並ぶ既製服の中から1枚を選ぶことが通常です。

服を選ぶ基準はいろいろあります。
値段、流行、それが必要などなど。人間は服を着なければ生きていけませんから、妥協が必要なのは百も承知です。
それでもなお、まさにこれは自分のために作られた服だわ、と思える服を探す努力を怠ってはいけません。
それはまるで、恋に落ちてしまったかのような、
その服のことを考えるとドキドキしてしまう、
その服を着た自分を想像するだけで、楽しくなってしまう、
モノクロームの日常が、いきなりカラー映画になってしまうような、
そんな服です。

そういった服は、あなたを応援してくれ、励ましてくれます。
落ち込んだ気分を上げてくれます。
いつでもあなたの味方です。

そうでない服、つまり、別にこれは私のために作られたって感じじゃないけど、値段もちょうどいいし、いま買わなきゃいけないし、ちょっと流行ってるみたいだから、というふうに買った服を着ると、
時には、街で同じ服の人とすれ違って嫌な気分になり、
どうにもこうにも着心地が悪くて、イライラしたり、
なんだか急にみじめな気分になったりします。
これでは、そんな服はあなたの味方になるどころか、足を引っ張るだけの、単なる障害物です。

あなたのワードローブの中に、こんな障害物はどれだけあるでしょうか?
こんなつまらない障害に足を取られて、途中で四苦八苦することはありません。
体育祭の競技ではないのですから、自分で取り除ける障害物は、取り去ってしまうに限ります。

いつでも、これはまさに自分のために作られたものだわ、と思える服を探しましょう。
あなたのためだけに作られたものが、そう簡単に見つかるわけはないです。
1万点の服を見て、1点であるかどうかです。
だから、それを探し続ける根気と努力が必要です。

しかし、それをたくさん見つけることができたら、あなたの人生も軽やかになるでしょう。
足元にまとわりつくような、ずるずるした布でできた障害物が少なくなるわけですから。

本当に、あなたのためだけに作られた服は、あなたに勇気を与えてくれます。
それは、永遠に裏切らない、最強の恋人です。