ページ

2012年4月30日月曜日

ランジェリーに答えはない


実は、今からちょうど4年ほど前、友達と2人でランジェリーのブランドを立ち上げようと、
資料を集めたり、市場調査したり、いろいろ準備していました。
デザイン画をかき終わったのがちょうどオリンピックのころ。
私はアイデア、コンセプト、デザイン担当、友達はパターン、生産担当で、本当はその年の暮れまでにはサンプルを作り上げる予定でした。
しかし、私がその友達にデザイン画を渡した後、彼女とは、連絡がとれなくなってしまいました・・・。

なぜ、ランジェリーのブランドを立ち上げようと思ったかというと、
自分が欲しい下着が売っていないからです。
というのも、私は今から10年ほど前、手術をしており、その痕が、わき腹に縦に15センチほどあるのですが、手術をして以降、ブラジャーのような、横方向に体を締め付ける下着が、苦しくて、一切、着用できなくなってしまったからなのです。
きっと同じ悩みの人はほかにもいるだろうと考え、オーガニック素材を使い、体を締め付けず、かつ、下着と外着の中間のような、見えても恥ずかしくないデザインのものを作ろうとしていたのでした。

これは1つの例なのですが、
たぶん、女性の数と同じほど、下着に求めるニーズがあります。
締め付けたくない、
締め付けたい、
寄せてあげたい、
解放されたい、
セクシーになりたい、
見せたい、
見せたくない、
補正したい、
自由になりたい。
それぞれのボディが違うわけですから、当然、そのニーズも違ってきます。
だから、このランジェリーが正解だ、という答えはないのです。

そのとき膨大な資料を集めてわかったのですが、
日本の下着メーカーのランジェリーは、総じて固い作りです。
パットとか、ボーンとか、スパンデックスとか、厚い生地とか、締め付け分野が得意です。
しかし、海外のメーカーの、しかも高級ブランドになればなるほど、
軽く、薄く、しなやかになります。
最高級のブラジャーに、パットはついていません。

また、最近のファッションの流れとして、下着のアウター化があります。
真夏にキャミソールを下着としてではなく、服として着るのは当たり前になりました。
また、デザインにしても、下着と見まごうばかりのドレスなどが出てきました。
ブラ内臓のキャミソールの出現により(しかし、これはずっと前からドナ・キャランなどが売っていたのですが)、下着メーカーのブラジャーは売れなくなっているそうです。

こんな状況の中で、下着選びには多大な葛藤があります。
自分のニーズと、実際に市場に出回っているものとの間には、大きな隔たりがあるのではないかと思います。
そんなことないわ、いつもお気に入りがちゃんと売っているわという方は、
大変ラッキーな人だと言えるでしょう。

では、どうしましょうか。
まずは、自分の体と相談です。
何を求めているのか、どうしたいのか、どのような方向へいきたいのか、
それを改めて、自分の体に問います。
それから、自分にふさわしいランジェリーを探しにいきます。

けれども、そこからの旅は険しいです。
探し物はどこにもありません。
代替品を勧められます。
あなたのボディは吟味され、甘い言葉で、軽く否定されます。
(補正すると、形がくずれませんよ、などと)
それを受け入れるのも、1つの選択です。悪いことではありません。
けれども、他人のその勧めに対して、あなたの体は満足しないでしょう。
なぜなら、その勧めは思考の結果であり、体の声ではないからです。

体の声を聞きましょう。
それは自分さえもよく聞こえない、消え入りそうな、かすかな声です。
その結果、ダイエット、もしくは筋肉を鍛えることが必要になってくるかもしれません。
自分の体を女王様のように扱いましょう。
女王が、シルクしか着たくないのだと言うのなら、きっとそれが正解でしょう。
この世であなたの女王を守れるナイトは、あなたただ1人ですから。

最後に。
デザイン画を渡したきり、連絡が途絶えた彼女に対して、私が怒っているかといったら、
まったく怒っていません。
だって、もしそのままランジェリーブランドなどやっていたら、
ここでこうして、こんなブログを書いてなんかいませんから。