ページ

2011年2月24日木曜日

半袖の袖丈

さきほど、とある1枚の写真のコーディネイトを見て、ふと、この組み合わせはいやだなと感じました。
白いリネンのストール、グレーのニット、パールのネックレスの組み合わせ。
それぞれ上質なものでしょうし、何の問題もないパーフェクトな合わせ方。
何だろう、このもぞもぞする気持ち。どこが自分に引っかかったのだろうかとよく観察すると、
なぜか、そのコーディネートを見ると、「老けている」と感じるのです。
どこだろうと自問自答しながら、改めて点検してみます。
すると、原因がわかりました。
グレーのごくごくシンプルなニットを着ているのですが、それが半そでのニットで、ちょうど二の腕の太いところで切れてる袖丈なのです。しかも、ぴたっとした袖口です。
この、二の腕の太いところに、袖口という横のラインが入るという組み合わせが、何だかとても「老けて」見える原因でした。

二の腕の太さは、もちろん人それぞれだと思います。
細い人もいるでしょうし、肉づきのよい方もいるでしょう。
だいたい、若い方は、二の腕なんぞ、気にもなりませんが、年をとると、そうもいきません。
特にニットやカットソーでぴったりする袖口が、二の腕の太いところを強調するようなデザインは、誰が何と言おうと、老けて見えます。
これから、春夏に向かい、半そでのものを買おうとする場合は、ぜひ袖丈に注意してください。
そして、二の腕の一番太いところで終わり、ぴったりするようなものは避けること。
思い切って袖なしか、うんと短め、または長めの半そで、そうでなければ、袖口に向かってフレアが入って、広がっているものを選びましょう。
もちろん、「たくましいお母さん」を演じたいのであれば、二の腕ぴったりの半そででも、構わないのです。
まあ、もしもの場合です。