ページ

2010年9月26日日曜日

「必要」には要注意

このブログを通じて、おしゃれについて皆さんにいろいろ指南をしている私ですが、
おしゃれとは違う分野において、大失敗をしてしまいました。
たしかに、それは「必要」でした。
しかし、自分にとってあまり重要でないということ、またこれから何回使うかわからないということで、
ずっと買わないで保留にしていましたが、きのう少し時間ができたので、アウトレットに行きました。
ここまではよかったのですが、気に入るものは見つからず、だんだん疲れて判断力が鈍くなったとき、それでもやっぱり「必要」という、切羽詰まった気持ちから、安いという理由だけで買ってしまいました。
けれども、帰宅して、いろいろ調べたところ、安いなりには安いなりの理由があること、
そして、結果的には使い勝手が悪く、捨てることになるであろう品物だったことがわかり、
昨晩は本当に涙が出るほど悲しかったです。
私の例に限らず、「必要」だからという理由で洋服を買うときには注意が必要です。
まず買う前に、
だれかに借りることはできないのか、
何かほかのもので代用できないのか、
買った後、ほかにもらってくれる人がいないか、
もし買ったとしても、自分が日常的に使えるか、
など、よく検討してみましょう。
一番みじめなのは、使用回数が1度や2度のまま、ずっとワードローブにしまいっぱなしになること。
「必要」という理由から買ったので、好きでもないし、ほかに着る機会もない、
かといって、捨てるほど古くない、そしてまたワードローブの奥のほうへ戻してしまう・・・、
これを繰り返すことです。
結局のところ、愛着がないものに、出番は回ってきません。

今回は手痛い失敗でした。封を開けてしまったので、返品できない状態ですが、
未使用なので、明日にでもリサイクルショップへ売りにいこうと思っています。
私にとっては高い授業料でしたが、今後、こんな嫌な思いをしたくないので、
よりいっそう注意していこうと思っています。